ネットで学ぶ発音教室



あなたは933785人目です
ご覧いただきありがとうございます
オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

サ行音の指導方法−2−

<構音点法>
   口と舌との構えを作るためだけに、ストローを用いる方法もあります。
   
  口形を「ウ」にし、舌を出し、ストローを出した舌の上に置いて抜き去ります。
   舌の位置や口の構えを保って、そっと呼気を出します。
   この呼気に後続母音の「ウ」をつけて「ス」を導きます。


<キーワード法>
  通常は前後の音や語内位置にかかわらず発話の中で一貫して誤りが見られていても、
  ある特定の言葉を発するときにだけ、時として正しい音で発話することができると
  いうことがあったとき、その言葉を指導に用いる方法です。
  
  キーワードが見つかったら まず、安定的に正しく構音された音を用いて
  発話できるよう繰り返し発話させます。
  続いて、少しずつ前に続く音を消去していきます。
  それ一つの音で構音出来るようになったら、仮名文字等とマッチングさせるなどして
  意識化させ、出そうとして出すことができるよう指導します。
  そしてその安定を図ります。
  
  キーワード法の実際については、カ行音の構音指導の例をご覧下さい。
  
        絵文字:矢印 右キーワード法