ネットで学ぶ発音教室



あなたは933844人目です
ご覧いただきありがとうございます
オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

タ行音に見られる誤り−2−

<口蓋化構音とカ行音への置換との鑑別>


 タ行音の構音点が後方(口蓋)に移動し、口蓋化構音になると、
 「カ行音に近いが、カ行音とは異なる独特の歪み音」に聞こえます。

 この口蓋化構音を カ行音と弁別をするためには、
 「タ」と「カ」を交互に言うよう求めます。
   「タ」「カ」「タ」「カ」・・・→カ行音への置換→ 口蓋化構音

 
 誤って構音された「タ」の音が、「カ」と同じであれば置換、
 異なれば口蓋化構音であると判断することができます。
 

<「チ」「テ」の側音化構音と 「キ」「ケ」への置換との鑑別>


 「チ」や「テ」の音が側音化構音になると、
 「『キ』や『ケ』の音に近いが、それらのとは異なる独特の歪み音」に聞こえます。

 この側音化構音を「キ」や「ケ」の音と弁別をするためには、
 「チ」と「キ」、「テ」と「ケ」を交互に言うよう求めます。

 誤って構音された「ち」や「て」の音が、「き」や「け」と同じであれば置換、
 異なれば側音化構音であると判断することができます。


 ただし、この鑑別方法は、「き」や「け」の音が側音化構音となっていないことが前提です。
 「き」や「け」の音以外の音にも側音化が疑われる場合は、下口唇の下に鼻息鏡を当てて、
 左右の口角からの呼気の漏れの有無を確認します。