ネットで学ぶ発音教室



あなたは1573042人目です
ご覧いただきありがとうございます
オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

タ行音の指導方法−1−

<はじめに>
構音の仕方の誤りや産生されている誤音を正しい方法による明瞭な構音に改善していくために、
正しい構音の仕方を指導するための方法を紹介します。
まず、本来産生するべき正しい音と自分が産生している誤った音との違いが理解でき、
正しい音や誤音を、自分や指導者の発話の中から聞き取ったり、
正しい音に対する聞かせ与えられた音の正誤や組み合わされた2つの音の異同を聞き分けたり
することができるようになるための指導(耳の訓練)をします。
絵文字:矢印 右耳の訓練
 
<構音点法>
舌を脱力した状態で出し、「アー」を構音し続けます。
その状態のまま前歯を軽く舌にあてて呼気の流出を遮断します。
前歯を舌からはなして閉鎖を開放すると「タ」の音(破裂音)が得られます。
 
「アー」の構音を続けていなくても、前歯を舌からはなしたときに
「ア」を構音することによって「タ」の音を得ることができます。

 
また、舌を前歯の裏につけておき、
離すときに「ア」を構音することによっても「タ」の音を得ることができます。