ネットで学ぶ発音教室



あなたは933789人目です
ご覧いただきありがとうございます
オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人

誤り音の種類


<誤り音の種類>

 誤って構音された音の聞こえ方(構音された音がどのような誤りとして聞こえたか)によって幾つかの種類に分けられます。

大きく分けて次の3つに分けられます。

省略

  置換

  歪み(ひずみ・ゆがみ)
 
【解説】
 
 置換・・・ある音が他の音に置き換わっているもの
         「すいか」/suika/ →「すいた」/suita/ /k/の/t/への置換(t/k)
 省略・・・語音の音素が省略されて母音部分のみになっているもの
       「てれび」/terebi/→「てえび」/teebi/  /r/の省略
     ※ 正常の構音発達の途中の一時期にみられるもの
 歪み・・・日本語の語音として表記できない音に歪んでいるもの
   ・ 構音操作が不十分なために音が弱くなって歪み音になるもの
   ・ 鼻咽腔閉鎖機能不全のために構音時に呼気が鼻腔に漏れてしまい、
     音の弱音化や鼻音化が起こって歪み音になるもの        
   ・ 構音操作が正常と異なるために歪み音になるもの
     ⇒「異常構音」
      通常の構音にはみられないもの